病院紹介

運命をわける病院選び

「あのとき、不妊治療をはじめておけばよかった……」

そう後悔する人が、一人でも少なくなってほしいと心から願っています。

妊娠への近道は、信頼できる病院を見つけることだと考えています。
『MedeTa』協賛ドクターのインタビュー記事、実際に通われた方から寄せられた口コミなどもご参考になさってください。

不妊治療を行っているとアナウンスしている病院でも、その力の入れ方には差があります。お産が中心で、基本的不妊検査もそこそこにタイミング指導のみを漫然と何年も繰り返すようなところもあれば、ほとんどARTしか行っていないような施設もあります。ARTでなければ妊娠できないような重度の男性不妊や卵管性不妊の夫婦が、それとわからないままタイミング指導のみを続けていれば、それはいたずらに時間を浪費したことになってしまいます。ましてや奥さまが高齢で、この間に卵子の急激な質の低下が起こるようなことがあれば、悔やんでも悔やみきれません。きちんと治療方針を説明し、ご夫婦の希望を聞きつつ、納得してもらったうえで治療を進めてくれるような施設を選択しましょう。

>> MedeTa協賛ドクター

助成金制度をごぞんじですか?

不妊治療は、健康保険が適用されない検査や治療も多く、体外受精や顕微授精などのART(高度生殖医療技術)の治療段階になると、治療費が50、60万円にのぼるケースも珍しくありません。

ただし、高額な費用がかかる治療に対しては、国と自治体が共同で行っている特定不妊治療費の助成制度がありますので、夫婦の収入の合算が所得ベースで730万円以下だという方は、おすまいの自治体に詳細を確認してみてください。
通常は、指定医療機関で受けたARTであれば、初回のみ30万円、以降1回15万円(採卵がともなわない凍結融解胚移植などは7.5万円)が、初めて助成を受けた治療のスタート時に女性が40歳未満であれば通算6回まで、43歳未満であれば通算3回まで支給されます。

<厚生労働省>
>> 不妊に悩む夫婦への支援について

不妊治療の助成金

都道府県別の不妊治療の助成金情報です。変更・追加の可能性がありますので、事前にお住まいの自治体にお問い合わせください。

北海道
北海道(札幌市、旭川市、函館市除く)
札幌市
旭川市
函館市
青森県
青森県(青森市、八戸市除く)
青森市
八戸市
岩手県
岩手県(盛岡市を除く)
盛岡市
宮城県
宮城県(仙台市除く)
仙台市
秋田県
秋田県(秋田市除く)
秋田市
山形県
山形県
福島県
福島県(郡山市、いわき市、福島市を除く)
福島市
郡山市
いわき市
茨城県
茨城県
栃木県
栃木県(宇都宮市を除く)
宇都宮市
群馬県
群馬県(前橋市、高崎市を除く)
前橋市
高崎市
埼玉県
埼玉県(さいたま市、川越市、越谷市、川口市を除く)
さいたま市
川越市
越谷市
川口市
千葉県
千葉県(千葉市、船橋市、柏市を除く)
千葉市
船橋市
柏市
東京都
東京都(八王子市を除く)
八王子市
神奈川県
神奈川県(横浜市、川崎市、横須賀市、相模原市除く)
横浜市
川崎市
横須賀市
相模原市
新潟県
新潟県(新潟市除く)
新潟市
富山県
富山県(富山市を除く)
富山市
石川県
石川県(金沢市除く)
金沢市
福井県
福井県
山梨県
山梨県
長野県
長野県(長野市を除く)
長野市
岐阜県
岐阜県(岐阜市を除く)
岐阜市
静岡県
静岡県(静岡市と浜松市除く)
静岡市
浜松市
愛知県
愛知県(名古屋市、豊橋市・岡崎市・豊田市除く)
名古屋市
岡崎市
豊橋市
豊田市
三重県
三重県
滋賀県
滋賀県(大津市を除く)
大津市
京都府
京都府(京都市除く)
京都市
大阪府
大阪府(大阪市、堺市、豊中市、高槻市、東大阪市、八尾市を除く)
大阪市
堺市
豊中市
高槻市
枚方市
東大阪市
八尾市
兵庫県
兵庫県(神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市を除く)
神戸市
姫路市
西宮市
尼崎市
奈良県
奈良県(奈良市を除く)
奈良市
和歌山県
和歌山県(和歌山市除く)
和歌山市
鳥取県
鳥取県
島根県
島根県
岡山県
岡山県(岡山市、倉敷市除く)
岡山市
倉敷市
広島県
広島県(広島市、福山市、呉市を除く)
広島市
福山市
呉市
山口県
山口県(下関市を除く)
下関市
香川県
香川県(高松市除く)
高松市
徳島県
徳島県
愛媛県
愛媛県(松山市除く)
松山市
高知県
高知県
福岡県
福岡県(福岡市、北九州市、久留米市を除く)
福岡市
北九州市
久留米市
佐賀県
佐賀県
長崎県
長崎県(長崎市、佐世保市を除く)
長崎市
佐世保市
大分県
大分県(大分市を除く)
大分市
熊本県
熊本県(熊本市のぞく)
熊本市
宮崎県
宮崎県
宮崎市
鹿児島県
鹿児島県(鹿児島市除く)
鹿児島市
沖縄県
沖縄県 (那覇市を除く)
那覇市

ページトップへ