不妊とは?

『不妊 』は病名ではありません。
「避妊をせずに夫婦生活(性交)を持っていながら、1年間、赤ちゃんができていない状態」をいいます。

統計的にみると避妊していないご夫婦の場合、半年で6割、1年間で8割、2年間で9割のカップルが妊娠しています。 不妊とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで夫婦生活(性交)をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものをいいます。日本産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年が一般的」と定義しています。

ただし、女性が、排卵していなかったり(基礎体温表が低温期と高温期の二相にわかれていない)、子宮内膜症(月経痛が重いなどの自覚症状がある場合が多い)をわずらっていたり、過去に骨盤内の炎症を経験していたりする場合には、妊娠しにくいことがわかっています。これらに該当される方は、1年を待たずして、早めに検査を受け、必要な治療を開始されたほうがよい場合もあります。

また、男女とも加齢にともない妊娠率が低くなることがわかっています(とくに女性の年齢との関連が強い)。そのため、治療を先送りすることで治療の成果が得にくくなることを考慮すれば、年齢が気になるご夫婦の場合も、早めに治療に踏み切ったほうがよい結果につながるケースが多いといえるでしょう。

ページトップへ