ここでは、ステップアップ治療の第一段階となる『タイミング指導』、必要な場合はそれを補う『投薬治療』、そして第二段階となる『人工授精(AIHもしくはIUI)』などの一般不妊治療について解説しています。

『タイミング指導』

タイミング指導とは、超音波検査によって卵胞径の大きさを計ったり、尿中LH検査などを行ったりすることで、排卵日をより正確に予測し、夫婦生活を持つのに最適なタイミングを医師がアドバイスするものです。もっとも自然な妊娠に近く、お二人にとって負担の少ない不妊治療の方法。排卵があること(排卵誘発剤で排卵すればOK)、子宮や腟があること、少なくとも片側の卵管が通っていること、精液中に十分な数の精子があることがチャレンジの条件になります。

『投薬治療』

不妊原因によっては、投薬治療によって足りないものを補ったり過剰なものを抑えたりしながら、ステップアップ治療を行うこともあります。

『人工授精(AIH、IUI)』

排卵直前のタイミングで、夫の精子を妻の子宮内にカテーテルを用いて注入する治療法。夫婦生活の場合の精子のスタート地点は腟内ですが、人工授精では子宮の奥になりますので、卵子を目指す旅の距離は約10cm短縮され、およそ半分になります。この際に用いるのは、通常、精液の原液ではなく、マスターベーションで採取した精子を洗浄濃縮し、元気な精子たちを選んで注入します。

ページトップへ