葉酸を摂る

赤ちゃんのためにできること

赤ちゃんを希望されている、すべてのご夫婦へのお願いです。
いえ、妊娠する可能性(性交渉)がある、すべてのカップルへのお願いです。

未来の赤ちゃんのために、ぜひ「葉酸」の機能を知って、しっかりと「葉酸」を摂ってください。

なぜ、葉酸を摂る必要があるの?

胎児の神経管閉鎖障害(二分脊椎、無脳症など)の発症リスクを低下させるため、厚生労働省は、2000年、妊娠を希望している女性に向けて、葉酸をバランスの良い食事に加えてサプリメントで摂取するよう勧告を出しました。

<厚生労働省>
神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取にまつわる適切な情報の推進について

ところが、同様に積極的な葉酸摂取を呼び掛けた諸外国での二分脊椎の発生率が激減する中、食生活が洋風になり、欠食する女性も増える日本では減少するどころか上昇傾向にあり、厚生労働省の勧告後も、いまだ発生率は横ばいの状況にあります。
しかも、近年の研究報告によれば、日本の妊娠女性の葉酸サプリメントの摂取率は、わずか10-20%に留まっているというのです。
この事態を受け、日本先天異常学会では、葉酸摂取の重要性の認知率をあげるべく、2016年から2017年にかけて関連学会に向けて声明文を出し、情報の流布に努めています。

日本先天異常学会のメッセージ

二分脊椎とは?

二分脊椎は、胎児の先天異常疾患である神経管閉鎖障害の一つで、発症率が低下していないことが問題になっている疾患です。
脊髄神経を収める神経管は、妊娠6週頃(受精から4週間前後)に完成するのですが、この時期に葉酸が十分に代謝されず神経管の形成が障害されると、脳神経や脊椎神経が正常に機能しなくなってしまいます。
二分脊椎の赤ちゃんは、背中に瘤を持ってうまれるため生後まもなく手術が必要になります。また8割が水頭症を合併しているため、このための手術も必要になり、さらに運動、歩行、排泄や生殖などの面で、生涯にわたって治療やリハビリが必要になることがあります。

いつ、葉酸を摂ればいいの?

二分脊椎の発症リスクを下げるためには、妊娠の少なくとも1ヶ月前から妊娠3ヶ月頃までは、葉酸サプリメントでの服用が推奨されています。
不妊治療ならびに妊活中の方は、いつ妊娠してもよいように今すぐ服用を開始しましょう。

どれくらい葉酸をとればいいの?

バランスの良い食事を心がけたうえで、1日400㎍を目安に葉酸サプリメントのかたちで、しっかりと摂取してください。

日頃の食事から葉酸を摂れませんか?

とくに妊娠初期のつわりの時期は、十分な量の食事が摂れないことがありますので、サプリメントで葉酸を摂るように心がけてください。

葉酸をとれば、妊娠しやすくなるの?

「なぜ葉酸摂取が重要なのか」という部分の情報が抜け落ちて、「妊娠を望んでいる女性は葉酸サプリメントを摂るべき」という情報だけが広まった結果、一部では「葉酸を摂ると妊娠しやすくなる」と誤認されているケースもあるようですが、葉酸に懐妊率を引き上げる機能はありません。

どんなサプリメントを選べばいいの?

  • 1日の目安量を服用すると葉酸が400μg摂れる(1000μgを上回らないもの)
  • 天然型ではなく、吸収率の高い合成型(モノグルタミン型)葉酸である
  • 葉酸の働きを助ける栄養素(ビタミンB6、ビタミンB12)が配合されている
  • 活性型葉酸を安定させるビタミンCが配合されている
  • 体に必要な栄養素が多く含まれ、賦形剤(サプリメントを固める添加物)が少ない
  • 材料の原産国、最終加工国が開示されている
  • GMP認定工場で生産されている
  • 1日の目安量を服用してもビタミンA(レチノール)の過剰摂取にならない
  • 人体に危険性のある添加物が使われていない

などの条件を満たした葉酸サプリメントが理想です。

葉酸開発ブログ

不妊治療中の女性は、服用期間が長期にわたる可能性があるので、より安心してお飲みいただけるよう品質の保証された、コストパフォーマンスのよい葉酸サプリメントが必要だと考えました。
そこで、『MedeTa』では、生殖医療を専門とする大学教授に監修を依頼し、葉酸の代謝の効率をあげ、吸収を助けるような栄養素を配合し、さらに妊娠を目指す年齢層の日本女性に不足しがちな栄養素をバランスよく配合した葉酸サプリメントを開発中です。
専門家のご意見をうかがいながら開発を進めていく様子をブログにまとめていますので、ぜひお読みください。また『MedeTa』に集うみなさまのお声を取り入れた製品をつくっていきたいと思いますので、ぜひご意見をお聞かせ願います。

おもな葉酸サプリメント一覧

  • elevit(エレビットR)(バイエル薬品株式会社) 定価4500円
  • はぐくみ葉酸(株式会社はぐくみプラス) 定価6980円
  • 美的ヌーボ―(株式会社フック) 定価8640円
  • プレミン(ゲンナイ製薬株式会社) 定価4946円
  • プレグナ ベーシック(株式会社ジネコ) 定価5040円
  • BABY&ME 葉酸(株式会社パートナーズ) 定価3780円
  • ベジママ(関西鉄工株式会社) 定価5940円
  • ベルタ葉酸サプリ(株式会社ビーボ) 定価5980円
  • マカナ(株式会社ニューアクション) 定価6580円
  • ママニック葉酸サプリ(レバンテ株式会社) 定価5400円
  • mitete葉酸サプリ(株式会社エーエフシー) 定価1944円
  • 葉酸サプリ(株式会社ヤマノ) 定価3456円
  • レモンの葉酸サプリ(株式会社やずや) 定価4320円

(五十音順/価格は税込み 2018年4月調べ)

ページトップへ